講義レポート

講義日:2021年9月8日

第3期9月:惠美初彦先生による第5回目講義『能力探求の会』

こんにちは!今回はATA3期 簾藤麻木がお伝えします。

8月がお休みだったため、今回2ヶ月ぶりのアマテラス・アカデミア。

「幸せになるための内省の授業」の2回目として、各自の強みを発表し、何のための人生かを探っていく会でした。

 

第5回目和談

今回惠美先生の宿題は、長所・能力・仕事について分析するというものでした。

自身の長所だと思う内容を、出せる限り出し切り、そこから5つの項目に絞り、最後は最も強みだと思う内容を一文にまとめました。

 この強みを設定するという内容に、当初私たちは苦戦しました。初めて内省するATA生もおり、この2ヶ月はZOOMで度々集まっては、長所の見つけ方から迷いまでを共有しました。

 そんな経緯があったので、授業で発表された強みには、ATA生それぞれが熟考し変化した様が感じられました。

 自分が踏ん張ることで達成できる強みから、より自然に楽しめる強みに変わっていたり、周りからよく言われる言葉の中に新たな強みを見出したり・・・

形や視点を変えて、より「その通り!」と感じるような強みに溢れていました。

発表を頷きながら聞くATA生の様子が印象的でした。

 次へのステップへ

全員の「強み」の発表後は、五点要録の第2局 理念設定について説明をいただきました。

次は自身の強みを使って「何のための人生でありたいか」と、さらに内省を深めていきます。

 

惠美先生の「自分のための人生から、人や社会のための人生に切り替わる。その先に幸せがあるのです」という言葉が、大変印象的でした。

 

10月までの1ヶ月で、さらに人生の目的・志を見つめます。

 12月までまだまだ・・・と思っていたATAも、残り3回となりました。

次回は『理念探究の会』になります。

 

立志式に向け、さらに皆で内省を深めていきたいと思います。

 

ATA3期生 簾藤麻木

寄稿日:2021年9月25日
リポーター

簾藤麻木
nenlin 代表

医療福祉施設の内装設計
介護用品の企画・デザイン
介護用品のコーディネート、PR代行
介護用品のオンラインストア運営